FUKUOKA PRODUCER SUMMIT

髙島宗一郎

1974年11月1日生。1997年KBC九州朝日放送に入社。福岡の朝の顔として情報番組や環境番組のキャスターを務める。
2010年12月に福岡市長就任。2014年、2018年、2022年の選挙でいずれも史上最多得票を獲得し再選、現在4期目。
都市経営の基本戦略「都市の成長と生活の質の向上の好循環の創出」に沿った様々な施策を展開。観光客数や立地企業数などが伸び、その結果、市税収入や雇用が増加。住みやすさに対する市民評価、市政への信頼度も向上し、世界で最も住みやすい都市ランキングでベストテンに選ばれた。特に創業支援に注力し、2014年3月には国家戦略特区を獲得。規制改革等による新しい価値を生み出す環境づくりに精力的に取り組む。また、全国に先駆けてハンコレスを完了し、行政手続のオンライン化を進めるなど、次世代を見据えたデジタル化の取組みも積極的に推進。『人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市』の実現に向けて、基本戦略に掲げる「好循環」を加速させるとともに、福岡市を次のステージへと押し上げるためのチャレンジ「FUKUOKA NEXT」を全力で推進中。

トップページ

PAGE
TOP